Lumièr

ロサンゼルスを拠点とするブランドLumières(リュミエール)のKai Nguyenは、ルーツに触れることの象徴として、またアドビのダイバースボイスのイニシアチブにちなんで、自分の出自を受け入れる人々を賞賛する商品をデザインしています。ベトナムで生まれ、11歳のときに中西部に移住したNguyenは、限定版Tシャツで、昔のベトナム戦争時のジャケットに描かれていた激しいグラフィックを復活させ、アジア系アメリカ人が経験する複雑さを表現しています。「このTシャツは、私の出身地と、新しいものと古いもの、あるいはアジア人とアメリカ人という二面性の間で戦う私の現在地を意味しています」とNguyenは説明しています。このプロジェクトの収益は、ロサンゼルスに拠点を置き、ホームレスの人々に仮設住宅を提供する非営利団体、Tobar Foundationに寄付され、コミュニティ全体をサポートするために力を注いでいます。