Dime

Dime(ダイム)の原点は、2005年、10代の若者たち(Antoine Asselin, Phil Lavoie, Bob Lasalle, Hugo Balek, Charles Rivard, Eric Riedl, Alexis Lacroix)が、懐かしい90年代のヒップホップのビートを背景に、くだらなくも印象的なスケートビデオを投稿し始めたことにあります。彼らはすぐにカナダで支持を集めました。そして地元のプリントショップで最初の100枚のTシャツを作ることを決め、「Dimestore Crew」というオリジナルネームでスタートしました。まもなく、「Dime」は地元カナダのスケートシーンで確固たる地位を築き、今ではそのエフォートレスかつトレンディな雰囲気で世界的に知られるようになりました。オーバーサイズのシルエット、ミニマルなデザイン、オールドスクールなカラーパレットなど、Dimeは90年代のレトロカルチャーに敬意を表し、ファッションブランドからライフスタイルブランドへと進化を続けています。