VANS

1966年、ポール・ヴァン・ドーレン、ジム・ヴァン・ドーレン兄弟と、パートナーのゴードン・リー、サージ・デリアが、「家族みんなのための」カスタムメイドスニーカーショップとしてビジネスをスタートさせた。1990年代、アメリカでのスケートカルチャーの爆発的な人気とともに、ブランドは大きな成長を遂げた。「その日に作って、その日に売る」スニーカーショップとしてスタートしたブランドは、今や世界的なストリートカルチャーブランドへと進化。VANS は、謙虚な始まりから世界がどのように変化したかと同様に、シンプルさと信頼性というルーツに忠実であり続け、それがライバル社に対する真の競争力となっているのだ。